読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔眼二輪漂流記

バイクで行くツーリング道中記、キャンプ、および諸々の雑記を徒然に。

最北端宗谷岬到達

北海道ツーリング2015 四日目

明けて四日目。昨晩も思ってたほど冷えたわけではなく、ダウンのベストは明らかに余計な荷物になりそう。夜中にゴソゴソ音がするので、外を見ると野良猫だった。キャンプ場で猫に出会うのは初めてかも。ここも街のそばにあるので、猫なんかもやってくるのか。

さて、今日は天気が下り坂。午後から雨が降りそう。こればっかりは仕方ないので、覚悟を決めて走り出す。本日の目的は、今回の一番の目玉である日本の最北端である宗谷岬。

f:id:fockewulf:20150914065308j:plain

道道106号線。何もない原野に伸びる一直線の道。おお、これぞ北海道って感じだ。もう笑っちゃうぐらいに真っ直ぐ。この道中、多くのサイクリストとすれ違ったけど、バイクと違ってこの直線っぷりは、走っていてしんどくないかなぁ、と余計なことを思ったり。

f:id:fockewulf:20150914065349j:plain

やはり天候が今ひとつなのが残念。霞む利尻島。そう言えば、オトンルイ風力発電所や北緯45度のモニュメントなんかも素通りしちまった。走り出したら止まれない性格。

f:id:fockewulf:20150914065449j:plain

10時前に納沙布岬着。

稚内の市街でキタキツネを見かける。ちょうど道路を横切っているところだった。こんな人里近くにもいるんだなぁ。

日本の北の端っこ

f:id:fockewulf:20150914065750j:plain

11時、最北端宗谷岬着。映像では何度も見た光景だけど、自分の目でみるとまた感慨もひとしお。最北端という言葉の響きは、どこか蠱惑的な魅力があって、昔から訪れたい場所だった。遥々来たぜ最北端。

最北端のガソリンスタンドで給油。ここで給油すると、証明書と貝殻のお守りが頂けます。意外とこのお守りは手がかかっいて、最初は興味はなかったんだけど、もらって嬉しいと思えるもの。

北海道のガソリンスタンドといえばホクレンのフラッグ。今年は「ワンピース」とのコラボだとか。もうものを集めるって気分がすっかりなくなってしまったので、こちらも興味なかったんだけど、始めての北海道ツーリングで、コンプリートを狙ってもよかったかも。

道の駅おこっぺで一泊

国道238号線を南下。オホーツク海を見ながら走る。オホーツクと言うと、その昔あったゲーム「オホーツクに消ゆ」を思い出す古い人。天候がそうさせるのかもしれないけど、寒々とした印象。

で、午後の目当てはエヌサカ線。牧草地を貫く直線道路で、ここも北海道ツーリングの名所の一つ。でも、入り口を見逃して通り過ぎてしまった。引き返そうかとも思ったが、走るなら晴天の日にしたいので、次回のお楽しみってことで諦める。

神威岬のあたりでついに雨が降り始める。さて、今夜のねぐらをどうしようか。ちょうどいい距離に日の出岬キャンプ場がある。温泉も近くにあって好都合。雨の具合を見ながらとにかく行ってみよう。次点として、道の駅「おこっぺ」に客車を改造した無料宿泊施設があるのでそこへ。

結局少しずつ強まる雨脚に負けて、キャンプは止めて道の駅に。まぁ、キャンプ場を見逃したってこともあるんだけど。

f:id:fockewulf:20150914065910j:plain

これが今晩お世話になる客車。道の駅で受付を済ませて、荷物を運び込む。先客は4名。中は椅子が取り外されていて、そこに畳が敷かれた状態。所々それなりに傷みがあって、汚いわけじゃないけど、綺麗でもない、って状態。畳なんか、一回も変えてないんじゃないの?って感じだし。その辺を気にする人にはちょっと辛いかも。洗面所とトイレもあって、こちらは綺麗で問題なし。実は、トイレが中にあることを気づかなくって、わざわざ道の駅のトイレまで行っていたのはここだけの話。

そんな中、ひとり女性ライダーが。一応部屋の隅の一部がカーテンで仕切れるようにはなっている。それでも、強者だなぁ、と思っていたら、やはり結構タフに旅している人のようで。結局カーテン使ってなかったもんなぁ。

ちなみに、バイクは屋根付きの自転車置き場があってそこに停められる。というか、停めてちまった。空いてたし、先客もいたからってことで。

歩いてすぐのところに銭湯もあって、入浴もバッチリ。ただ、この銭湯は本当に昔ながらの銭湯といった風情で、番台が男女の脱衣所の真ん中にある。だから、番台から丸見えなんだよね。気にしてもしょうがないとはいえ、女性の前で、おばさんとは言え、脱ぐのはちょっと抵抗あったなぁ。

f:id:fockewulf:20150914065951j:plain

風呂から上がって、さぁ今晩の飯はどうしようかと。どこか飲み屋を見つけて一杯やろうかな、なんて考えながら街の中を歩いていた。見知らぬ街で、しかも雨が強くなってきて、面倒くさくなったのでまたもやセイコマのお世話に。酒とつまみと弁当を買って来て、端っこにあるテーブルで呑み始める。

折りたたみの傘を持ってきて良かった。長期のツーリングとなると傘が必要となる場面もある。

そこへ、先ほどの女性と自転車で旅しているという青年が加わってプチ宴会。これぞ一期一会の出会いってやつだね。外は、土砂降りの雨になっていて、今日はここを選んで正解だったな。