酔眼二輪漂流記

Kawasaki ZZR400で行くキャンプ、ツーリング道中記、および諸々の雑記を徒然に。

帰りの船はさんふらわあに初乗船ー9月23日

北海道ツーリング2018ー6日目 その2

今回帰りの船は商船三井のさんふらわあ。太平洋フェリーの方が若干お安くなるんだけど、その分自力走行が長い。前回思ったのは、仙台から走って帰ってくるのはしんどい。というわけで、今回は大洗着の夕方便、さんふらわあにした。

さんふらわあさっぽろから苫小牧港を望む

北海道ともこれでしばしのお別れ。前回に続き今回も綺麗な夕日で、終わり良ければすべて良しかな。

苫小牧港に停泊中の太平洋フェリーいしかり

前方には来た時にお世話になった「いしかり」が停泊中。

さんふらわあ さっぽろ

2017年に就航したばかりの「さっぽろ」。船内もきれいで気持ちい。乗船したらすることはまず入浴。この時間帯が空いているそうな。

船室はコンフォートで。

さんふらわさっぽろのコンフォート

作りとしては太平洋フェリーいしかりの、B寝台と同じ。ただこっちは、テレビ付き。あと、荷物を置くスペースがある。これは何気に気が利いている。内容的に言うと、2段ベッドか1段かという縦方向の広さの違いがあるものの、太平洋フェリーのS寝台相当ということになるのか。金額的に言えば、さんふらわあの方がちょっとお高い。まぁ、どれも寝るためのスペースだと割り切れば同じようなもんだとは思うけど、それでもやはり太平洋フェリーのS寝台が広い分快適かもしれない。

晩飯も船内のレストランを利用。

さんふらわあ さっぽろの夕食バイキング

この時はバイキング形式だったけど、この直後に内容が変わったらしい。今は4つのメニューから選ぶ方式になっている。晩飯は、バイキングよりこっちの方がいいかも。これは次回のお楽しみになりそうだ。

www.sunflower.co.jp

サッポロクラシックの自動ビールサーバ さんふらわあ さっぽろにて

サッポロクラシックがあるのが嬉しいところ。自動ビールサーバーなるものを初めて見た。

食事に関する料金は商船三井の方が少しお安い感じ。太平洋フェリーのディナーは2,000円。商船三井だと1,500円。ビールも前者が800円ぐらいだと思ったけど、対して500円。まぁ、量の問題があるから直接の比較はできないけど。

太平洋フェリーと商船三井

こうして太平洋フェリーと商船三井に乗船したわけだけど、どちらも甲乙つけがたい。で、次はどうするかといえば、往路は太平洋フェリーで復路が商船三井という使い方が自分にとってはベストに思う。行きは2時間ほど早く着く太平洋フェリーが有利な点。帰りな自宅に近い大洗につく点。この2ポイント。マイナスポイントをあげれば、行きは何と言っても300㎞超を自走しなきゃならないこと。帰りは、特にないけど強いていえば若干お値段が高いことかな。

その辺の考察はこちらで。

bike.suigan.net

6日目 その1へ: 襟裳岬は何もなくはない-9月23日 - 酔眼二輪漂流記▶︎

襟裳岬は何もなくはない-9月23日

北海道ツーリング2018-6日目 その1

北海道滞在最終日。グッスリ眠ってスッキリ起きた。雨は止んでいて、まだ曇り空だけどこの後天気も回復する予報。

セキレイ館さんでは、朝の出発時に写真を撮影してくれて、それを朝の風景というページに掲載*1していただける。旅の一コマ、ここへ来た証。宿主さんに見送られて出発。お世話になりました。また次回も訪れたいと思います。

さて、本日が北海道でのラストラン。今日の予定は襟裳岬をめぐって苫小牧港へ。あとお土産の購入。

朝食の席で、この近くの海岸に太平洋戦争末期に作られたトーチカ群があることを教えてもらう。興味があったので向かってみたのだが、道を間違えたらしく辿り着けず。また、道がダートで、しかも雨上がりという悪条件。次来た時のお楽しみってことにして、特に探すこともなくその場を後にした。そういえば、ここ大樹町は「宇宙のまちづくり」をスローガンとしていて、JAXAの施設があったりする。

www.jaxa.jp

見学もできるということなので、ここも次回のお楽しみってことで。

黄金道路

国道336号線を南下。広尾町のあたりからここは黄金道路の名称で呼ばれるようになる。完成までに黄金を敷き詰めるほどの費用がかかったからのネーミングだとか。

走っていると前方が何やら煙って見える。どうも波しぶきが霧のようになっているようだ。結構波打ち際を走るので、打ち寄せる波が道路を超えて押し寄せるんじゃないかと怖かったりする。

黄金道路

望洋台で一休み。このあたりから、空も青空が広がってくる。自然気分も盛り上がってくる。

襟裳岬

襟裳岬

襟裳岬についた時には、快晴に。風の強いところだと聞いていたけど、ほどんど無風状態。

f:id:fockewulf:20180923113440j:plain

f:id:fockewulf:20180923115429j:plain

襟裳岬って、ある年代以上の人だとヒットした曲『襟裳岬』の影響で「何もない」ってイメージを持ちがちなのかもしれない。御多分に洩れず、私も漠然とそんな感じを持っていた。しかし、実際に訪れてみると実にいい気分のところであった。なんとも言えない力強さがあるよね。見ていて飽きない。もっともこれも天気がいいから、なのかもしれないけれど。

ホッキ丼

ホッキ丼

えりも観光センターで昼飯。最後の締めくくりにウニ丼でも食うかと思ったが、3,000円越えのお値段に考え込む。結局ホッキ丼を注文。ホッキ貝なんて普段ならどちらかというと脇役で、取り立てて旨いとも思ってなかった。しかし、この丼はうまかったなぁ。若干旅補正が入ってるのかもしれないが。ラーメンも美味しそうだったが、結構気温があり暑かったのでパス。

お土産は柳月のお菓子

襟裳岬を後にして、あとは苫小牧港に向かうのみ。その前にお土産の購入を。何にしようかとお思っていたんだけど、昨夜のセキレイ館の茶話会で、柳月のことを知る。北海道に来ると六花亭のお菓子をお土産にするんだけど、今回は柳月にしてみようと。問題はどこで買うか。苫小牧までの道中では売っているところを見つけられない。

結局苫小牧市内で調達することに。イオンモール苫小牧店へ。ツーリングの途中で、極めて日常的な場所に寄るってことがなんだか新鮮だった。自分がとてつもなく異邦人だと思わされて面白い。

www.ryugetsu.co.jp

世間は狭い-もしかしてあの人ですか?

苫小牧フェリーターミナルに着いてバイクを所定の場所に停める。ふと隣を見ると、どこかで見たことのあるバイク。バイク自体は普通なんだけど、カラーが結構目立つ。だからすぐにピンときた。これは某ユーチューバーさんではないのか。ご本人はその場にいなかったので確認はできなかったけど。いたとしても、女性だからなぁ、気軽に声かけるというのも気がひける。結局その時はそのままだったけど、後で確認したらこの時期北海道に来ていたらしいので、まず間違い無いと思う。いやぁ、世間は広いようで狭いんだな、やっぱり。

5日目へ:雨の降る中セキレイ館へ-9月22日 - 酔眼二輪漂流記▶︎

6日目 その2へ:◀︎帰りの船はさんふらわあに初乗船ー9月23日 - 酔眼二輪漂流記

*1:もちろん許可を得た上で

雨の降る中セキレイ館へ-9月22日

北海道バイクツーリング2018-5日目

今まで好天に恵まれてきたけど、本日は雨予報。今日は釧路湿原に行くつもりでいるけど、天気がなぁ。

道道142号・北太平洋シーサイドラインを釧路に向かう手もあったけど、この天気じゃ面白くないだろうと、素直に国道44号線で釧路へ向かう。

出発時はまだ曇り空だったけど、走り始めてすぐに降り出してきた。別保公園というところで、レインウェアを装着。

釧路湿原

前回のツーリングの時は、釧路湿原は通り過ぎただけだったので、今回はちゃんと観光しようと。しかし、この雨の中行ってもしょうがないかなぁ、と迷いながら走る。かと言って他にすることもなく。

釧路で国道391号に入り北上。細岡展望台を目指す。達古武沼のあたりで脇道にそれ釧網本線の細岡駅方面へ。駅の先に細岡展望台はある。

この脇道は途中までは舗装してあるんだけど、展望台までのラストの部分が、それなりのダート。こんなところでコケたくはないので、慎重にソロリソロリと行く羽目に。って言うか、帰りもまたここ通るのか。

泣きたい気分でようやく展望台の駐車場に到着。10時半ごろ。ここから展望台までは少し歩く。プチ山歩き。こんな天気だから長居するつもりはなかったので、ヘルメット被ったまま展望台へ。

細岡展望台

晴れてたら気分のいい景色なんだろうなぁ。ということで、早々に退却。これはこの次の宿題ということで。

さて、この後どうしましょうか。この雨ではどこへ行ってもあまり楽しめないと思うので、食で楽しもう。そうだ寿司食いに行こう。まぁ、リーズナブルに回ってるやつだけど。Google先生にお伺いをたてると、なごやか亭というところが評判良さげ。釧路市内にいくつかある内、なごやか亭昭和店に向かう。

美味しくいただきました。寿司ももちろんだけど、あら汁が冷えた体に沁みて美味かった。これでビールが飲めれば最高なんだけどね。

www.mitsuboshi.net

腹も満ちたところで、また雨の中へ。もうこの後は、宿へ一直線。北海道最終日の今夜は、帯広郡大樹町晩成にあるセキレイ館を予約してある。

道中かなりの雨でウンザリ。特に、ヘルメットのバイザーが雨対策を怠ってたため視界が悪くてかなり緊張して運転。撥水処理と曇り止めはキチンとしておかないと。

途中、道の駅うらほろで休憩。後から来たライダー二人としばしお喋り。元は別に来てて、なんでもツーリングの最中意気投合して一緒に走ってるんだとか。

ゼストハウス民宿 セキレイ館

sekireikan.com

宿に着いたのは16時過ぎ。釧路から100km程なんだけど、思ったより時間がかかってしまった。やはり雨の影響か。この宿では、近くにある晩成温泉まで送迎してくれるサービスがある。17時出発なので、それまでに宿に着かなきゃならないので少々焦った。

北海道最後の晩は宿に泊まることは決めてあった。選ぶ上で参考にしたのが「とほ宿」。

www.toho.net

ドミトリースタイルの旅人宿。本音を言えば、相部屋なんかは苦手な方なんだけど、普通の宿に泊まるのも味気ない気がして。

さて、セキレイ館の感想だけど、これは大満足の一言。ここに来るためにまた北海道に来たいと思わせるほど。

まずは料理がいい。

今宵のメニューは、麻婆豆腐とステーキとポテトグラタンとパスタと味噌汁とサラダと和洋中折衷。飾り気はないけど、これが滅法美味い。誤解を恐れず言えば普通の家庭料理。なんだけど、だからこそ温もりがあるというか。五郎さんじゃないけど、こういうのでいいんだよ。

それと何と言っても宿主のじへいさんの人柄だね。夕食の後、みんな集まって茶話会がある。その時の話が面白いし、いろいろ話を振ってくれて楽しいひと時を過ごすことができた。ついでながら、おかみさんのZUNさんと誕生日がまるで一緒ということが判明。

忘れちゃならないもう一人のスタッフ、猫のみい。

大絶賛なセキレイ館ではあるが、宿に入っていく道が結構な砂利道で、しかも下っているのでかなり緊張を強いられた。まぁ、こっちが下手くそだってことなんだけど。バイクは元畜舎が駐車場になっていて、屋根があるので雨の日も安心。

それはともかく、雨の中のツーリングだったけど、そんな苦行を吹き飛ばしてくれた居心地のいい宿には間違いなく、久しぶりの布団で朝までぐっすり。

余談ながら。リビングにコミックスがどっさりあって、しかも懐かしの。久しぶりに「め組の大吾」を面白く読んだ。

4日目へ:納沙布岬と厚岸の牡蠣-9月21日 - 酔眼二輪漂流記▶︎

6日目 その1へ:◀︎襟裳岬は何もなくはない-9月23日 - 酔眼二輪漂流記