酔眼二輪漂流記

Kawasaki ZZR400で行くキャンプ、ツーリング道中記、および諸々の雑記を徒然に。

晴れの摩周湖

北海道ツーリング2015 五日目その1

雨のち晴れ

朝起きてみると、窓の外には青空が広がっている。今日は一日いい天気のようだ。昨晩の寝心地は、なかなか快適だった。皆さんお静かに眠っていたのでね。自分自身はどうだったのか、ってことが気になるところだけど。

6時過ぎには出発。テントの撤収作業がないと早い。「みなさんお気をつけて」と挨拶して、出発。

そうそう、出発の時に気をつけたいこと。それは、前日の最後にガソリンは給油しておきましょう、って事。見たところ、早い時間から開いているガソスタはそうなかったよう。下手すると、早く出たにもかかわらず、ガソリンスタンドの開きま待ちなんてことになりかねない。

本日のお目当ては、摩周湖。お天気が良さそうなので、霧は大丈夫だろうか。

腕が悪いせいで、写真からはちっとも雰囲気が伝わってこないけど、あ青空の下広がる牧場はとても北海道チック。よく見えないけれど、向こうには牧草ロールがあります。

道の駅オホーツク紋別のカニのツメ

走り出してすぐだけど、道の駅オホーツク紋別で休憩。ここでは巨大なカニのハサミのモニュメント詣で。これまた写真じゃ実感しずらいけど、高さ12m、重さ7トンもある巨大なもの。夜間はライトアップされているそうだけど、暗闇に光る巨大カニの爪、なんてのはなかなかにシュールな絵柄なんじゃないだろうか。

このモニュメント、道の駅からちょっとだけ離れていて、探してしまった。もとは他にもピラミッドとかホタテなんかもあったそうだけど、いずれも老朽化して現在残っているのはカニだけなんだとか。

その後も国道238号線を走り道の駅サロマ湖で休憩。遅い朝飯を食べる。238はサロマ湖半沿いを走っているんだけど、湖面はほとんど見えない。

その後、網走で国道39号線に入る。美幌で国道243号に乗り換えて、一路美幌峠へ。

美幌峠

いやはや、天気がいいから走っていても気分がいい。到着した美幌峠の眺めも最高。何は無くとも、ツーリングには青空ですね。ま、日差しも強いから暑かったけれど。

美幌峠には、美空ひばりの歌があるのを知る。その名もずばり「美幌峠」。歌碑が建っていて、風の中曲が流れていた。

屈斜路湖

峠からは、屈斜路湖も望める。これまた申し分のない景色だ。

美幌峠をあとにして、道道52号線*1に入る。屈斜路湖半沿いに走り、摩周湖を目指す。

摩周湖を見るには、第一と第三展望台があって、第一の方は有料。ひとまず第三に寄ってから、と思って走っていたら、見逃した。第三展望台はとても地味にあるので要注意。

そんなわけで、第一展望台に到着。バイクは200円也。

摩周湖

霧の摩周湖と言われるように、霧が発生する事が多く、なかなか湖面を見る事ができないそうだ。しかし、初チャレンジで見事な晴っぷり。やはり自分は晴れ男だな、と実感。

摩周湖も堪能して、このあとどうしようかと思案。風邪の影響と、今までの疲れもあるのか、今日はもうキャンプ場へ行ってしまおうかと。近くには、和琴半島湖畔キャンプ場があるし。ただ、明日は天気が悪そうなので、今日のうちに釧路湿原まで行きたいなぁ、という思いも。結局釧路まで走る事にしたんだけど、この選択が思わぬハプニングを呼ぶ事に。

*1:屈斜路摩周湖畔線

トラブルも旅の醍醐味のうち?

北海道ツーリング2015 五日目その2

国道391号線に乗り換え、釧路を目指して南下。したのはいいけれど、どうも北海道を走っていて距離感がおかしくなっている。摩周湖から釧路まで80kmほどある。普通に考えたら2、3時間の距離だ。しかも、そのあとキャンプ地は霧多布岬でなんて考えていたんだから無謀だ。

結局釧路にきた頃にはいい時間。ゆっくり釧路湿原見学なんてする余裕もなく、ましてや霧多布までなんかなおさら。急遽ツーリングマップルで今夜どこに幕営するか検討。すると、釧路湿原の近くの鶴居村ってところにキャンプ場がある。じゃ、そこにしましょう。

鶴居村には二つキャンプ場があって、ひとつは村民の森オートキャンプ場。もうひとつがつるいきゃんぷじょう。最初に行ったのが、オートキャンプ場の方。そしたら、驚愕の事実。なんと、営業は8月31日までだと。ここに限らず、8月いっぱいで終了というキャンプ場があるんだよね。

仕方ないから、もうひとつの方へ。けど、オートキャンプ場には案内標識があったんだけど、こっちには何もなし。Googleマップ見てそれらしいところに行っても何もなし。時間は押してくるし、軽いパニック状態。一瞬釧路のビジホで泊まろうかとよぎったけど、何を思ったか、今ならまだ和琴へ行ける!って選択。道道53号線を、焦りながら北上。なんとか、5時過ぎに着けてよかった。

あとから調べてみると、つるいキャンプ場は鶴居運動広場にある模様。だから、そこは行けばよかったのかな。いずれにせよ、事前のリサーチ不足ですな。あと、いい気になって走らない。

和琴半島湖畔キャンプ場

設営も終えたらもう真っ暗。ここは、屈斜路湖畔沿いにサイトがるので、どこにテントを張っても目の前は湖というなかなかのロケーション。ただ、湖畔沿いって事で横に細長い形状で、それなりに広さはあるようなんだけど、狭く感じるのも確か。人気のキャンプ場のようで、この日も大勢のキャンパーがいたって事もあるけど。いい場所は早い者勝ち。一番最後に着いたおかげで、場所の選択がなかった。

料金は450円(だったかな?)とリーズナブル。ゴミも分別で捨てられるし。ただ、設備はわりかし古めの感じ。トイレはポットン式です。

バイクはサイトまで乗り入れ可。しかし、サイトが砂地なのでサイドスタンドに何かを咬ましてやらないと、少々不安。場所によるのかもしれないけど。バイクの横にテントを張ったんだけど、夜中に倒れてこなだろうなぁと、思ったり。

それでも、本当になかなか気分のいいキャンプ場なので、次に来るときは余裕を持ってくる事にしよう。

そういえば、ここで昨夜の一緒だったライダーとまた会う。こんなのも旅の面白さだね。

ここは、すぐ隣に温泉施設があります。また、無料の露天風呂もあります。本当に何もない露天の風呂らしく、明るいうちに入るのは度胸がいりそう。

色々な意味で、今日は濃い一日だった。